スポンサーリンク

先日、40年以上に渡るキャリアの中で、初めてライブを中止にした矢沢永吉さん。

矢沢さん本人は「喉がちぎれてもやりたい」と息込んでいたようですが、その情熱は次回のライブへ持ち越しとなりました。

そもそもデビューして一度もライブを休んだことがなかったというのが驚きですね。あれだけの大物ロックスターなのに。

矢沢さんは日常生活から健康管理を徹底されており、ファンの前で最高のパフォーマンスを見せるために日々鍛錬して参りました。

先日のライブ休止の理由は「体調不良」とし、さらには後日には喉の不良でドクターストップがかかっていたことが明らかになりました。

今年で70歳になった矢沢さんですが、ここで限界説もネット上では囁かれています。

矢沢永吉のドクターストップ

矢沢永吉さんは2019年11月24日の福岡公演に続いて、その3日後の11月27日の浜松公演も中止としました。

無念の発表をする事務所のホームページでしたが、ファンの反応もそれ以上にショックでした、

単純にライブが見れないことに対しての落胆ではなく、これまでに完璧な体調管理で最高のライブを披露していた矢沢さんに、初めて年齢を感じた瞬間だったからです。

最初の福岡公演中止の発表も辛かったですが、その後の浜松公演中止発表で明かされたドクターストップの背景はもっと辛かったです。

喉や体調不良ということで、軽い風邪ぐらいに思っていた人もいたようですが、実はライブ復帰してる場合ではない状況だったのです。

のどの不調のため24日の福岡公演を中止した歌手矢沢永吉(70)が、27日の浜松アリーナ公演についても中止を発表した。

公式サイトで26日、「明日の浜松アリーナ公演に関しましては、開催に向けて治療を続けてまいりましたが、本日正午の時点でドクターストップが掛かりました」と説明。「矢沢永吉は”喉がちぎれてもいいからやりたい”という気持ちでしたが、始まったばかりのツアー、この先に控える公演を考えると、浜松公演まで中止させていただき、治すことを最優先にしなければならない、という答えを出しました」とした。

続けて「ライヴを楽しみにお待ちいただいておりました皆様に於かれましては、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」(原文まま)と謝罪。「矢沢永吉のステージ再開まで、どうかお待ちいただけますようお願い申し上げます」とした。引用元:Yahoo!ニュース

浜松公演を楽しみにしていた人はとても残念ですが、矢沢さんは11月26日の正午の時点で、すでにドクターストップだったいうことです。

もしかしたら、しっかりと医師に診てもらったのは、福岡公演中止よりも後のことだったのでしょうか・・・。

昭和にデビュー以来、コンサートライブを中止にしたことが1度もない矢沢さん。

そのプロ根性は多くの同業者がリスペクト。私生活ではいろんなものを犠牲にして努力してきました。

本人のライブへの気持ち”喉がちぎれても”

今回の福岡と浜松公演の中止に至るまで、矢沢永吉さんはとても悔しい想いをしました。

のちのホームページでの発表では、本人は「喉がちぎれてもやりたい」と仰っていたそうです。

「矢沢永吉は”喉がちぎれてもいいからやりたい”という気持ちでしたが、始まったばかりのツアー、この先に控える公演を考えると、浜松公演まで中止させていただき、治すことを最優先にしなければならない、という答えを出しました」

これまで中止にしてこなかった記録的な部分ではなく、シンプルに楽しみにしていたファンに会えないことが、男・矢沢として辛かったみたいです。

ファン的には公演もやって欲しいけど、それよりも先に喉をよくしてもらいたいですね。

仮に、ここで無理して、二度と歌えなくなってしまったり、ファンとはしては残念過ぎますから。

矢沢永吉の引退・限界説は非現実的?

高齢になってもライブのクオリティは50代頃と変わらない矢沢永吉さん。

かっこいいスタイルを維持するために食事を制限したり、運動をしたり、日頃からファンに前でかっこいい矢沢永吉でいるために努力を続けてきました。

しかし、人間はどうしても年には勝てません。今回のライブの中止も、例年の準備では足りなかった証拠で、今後はこれまで以上に体に気を使わないといけません。

70歳になって、今まで以上のことを自分に課すのは非現実的なような気がします。あれ以上どう頑張るのか・・・。

それでも本数を減らしたり、セットをちょっと安易にすれば全然いけると思うのですが。

ファンと矢沢さん本人の理想が高すぎるということで、それが引退を急がせる要因になるのではないでしょうか。

矢沢永吉がドクターストップだったことへのネットの反応

喉をちぎられると大変なので、ゆっくり静養してください。プロ意識が非常に高い方だけど、ご自身のペースで活動するのが許される実績と年齢です。

” 喉がちぎれてもいいからやりたい ”永ちゃんであれば、そうだろうなってファンは解っていた。
無責任な言い方であり、楽しみにしていたファンには申し訳ないのですが、永ちゃんは、決断してくれて、ありがとうと言いたい。150% 全快! になってから、ステージから、ホールを吹っ飛ばすライブを待ってる!

週末2日ライブ、週の半ばで2日ライブ。ちょっと詰めすぎだと思うよ。今までもそのくらいのペースだったかもしれないけど、間隔は開けた方が長く続くツアーで体を休めるにはいいと思うから。

永ちゃん、オレ達のあこがれ永ちゃん、男の生き様の模範永ちゃん、日本の宝永ちゃん‥‥日本のため、今年は全部休んでほしい‥‥そして来年また会いましょう、よろしく!

ずっと前から楽しみにして、有給とって、浜松のホテルやら予約してたのにさ。正直がっかりかな。
意地張るのも結構だけど、もうちょい早めのアナウンスをお願いしたいね。「永ちゃんもギリギリまで粘って、必死だったんだよ!」みたいな信者コメントはいらない。冷めた言葉で申し訳ないけど、身辺のイベント運営者はもうちょい考えてもらいたいもんだね。

ちぎれたらダメですよ永ちゃん(´Д`)喉は誰でも大事にしましょう(・ω・)ノ♪♪

もう年だからきついっしょ!回数減らせば!その方が長くやれる!

永ちゃんファンは、いつまででも待ってますよ。どうか治療を最優先でお願いします。期待しています。

スポンサーリンク
矢沢永吉の関連記事
おすすめの記事